らくがき-Ya!【本館】/【Fan Art】-ストレイト・ジャケット・おバカな小話-

●展示作品の作者はさんたですが、元作品の著作権は各原作者や関係者にあります。
 また、各原作者及び関係団体等とは関係ありません。

●展示作品には著作権が存在します。個人・商用とも無断使用はお止め下さい。

「済みません、スタインバーグさん。有難う御座います」
 タオルで頭を包んだ監督官が、居間へ続くドアを開けた。汚れを落として奇麗になった彼女は、すっきりした顔でソファーに腰掛ける。
 いつもの制服ではなく随分とラフな格好だ。
 偶然出くわした魔族と格闘したレイオットの巻き添えを食って泥まみれになり、家が近かった事もあって風呂を借りたのである。不測の事態で着替えの準備が無かった監督官の為に、洗濯した制服が乾くまで、レイオットは自分の服を一先ず貸したのだ。

「…………」

 向かい側のソファーに腰掛けたネリンを見て、レイオットは微妙に困惑した表情を浮かべる。
「どうかしたんですか?」
 カペルテータが淹れてくれた紅茶に口をつけながら、ネリンが不思議そうに訊いてきた。
「いや、何でも無い」
 ちらりと彼女に視線を移すが、すぐに手元の文庫本へと戻す。
 今更ながらに自分の考えの足りなさを後悔する。なぜ、最初に注意しておかなかったのか……。
 視界の端に彼女の素足が映る。
 監督官が着ているのはゆったりしたTシャツ1枚。裾が長いので膝下まですっぽりと隠れてはいるが、覗く足は素足だ。ズボンも出しといたのにどうしたと尋ねたら、「ああ、ちょっと穿いてみたんですけど、股のあたりがどうにも……」と苦笑交じりに返された。ネリンも普通にしている上、「Tシャツで粗方隠れるし、これはこれでまあ大丈夫か」とよく考えもせず気にもしなかったのだが。
 今更のように現在、それが裏目に出ていた。
 シンプルな黒無地のTシャツからすらりと伸びる手足。湯上りの為に微かに色付いた白い肌。タオルで纏め上げた湿った髪が幾筋かこぼれて首筋にかかっている。そして、生地を押し上げる豊かな曲線。
 黒色と肌色のコントラストが妙な色気を醸し出していた。サイズが合わないために、かなり開いてしまった襟刳りからは、綺麗な鎖骨が晒されている。点々と肌に残る水滴に釣られて、視線が胸元に吸い寄せられそうだ。

 はっきり言って、全く落ち着かない。

 寧ろ、そわそわする。

 外見上はいつも通りぐうたらな雰囲気を撒き散らしていたが、レイオットの内心は複雑だった。
(……大体、それは反則だろうがよ)
 コミックスやノベルスじゃあるまいに、小柄な娘は身体もそれなりだとレイオットは考えていた。現実的にもそれは大体において当てはまる。ところが、目の前にいる生物(いきもの)は、確かに小柄で華奢で、けれど反比例的に尻と胸は豊かだった。そんなアンバランスさがどうしてもエロティックに映る。
 血管が透けそうなほど白い肌は、地下に生息する生き物に似て何処か淫靡だ。滑らかで体温程度でも融けてしまいそうな悩ましげな陰影。酷く柔らかそうで、指を這わせたい衝動に駆られる。イケナイと思いつつ不謹慎な欲求がむくむくと頭をもたげ、レイオットは無意識に姿勢を低くした。
「あの……、どうしたんです?」
「んあ!?」
 怪訝な問いかけに、思わず間抜けな声が出る。
 気がつけば、逸らした筈の青年の視線はネリンを凝視していた。彼女が不思議そうに見つめ返す。
「あー、すまん。その、ちょっと……」
 咄嗟の事でレイオットは語尾を濁してしまった。
 訳が分からないと言った風で軽く首を傾げ、茶菓子に手を伸ばすネリン。
 自分の不謹慎な思考には気づいていないようだ。できれば気づかないでくれ、と思う。